夢塾Voice

アナウンス夢塾 卒塾生の声です。

2018年 春 東北地方の民間放送局にアナウンサーとして入社した塾生の声

私がアナウンサーになりたいと思ったのは2年生の頃です。
3年生になって就職活動が本格的に始まり、エントリーシートが通らなかったり、面接で次の選考に進めなかったり、最終面接までいって落ちてしまったり、たくさんのことがありました。1番落ち込んでいた時期に佐藤先生の元を訪れ、先生の元で学ぶことを決めました。
先生はどんな時も、明るく声をかけてくださり、今の私に必要な対策をしてくださいました。
私は特に募集が少ない時期に不安になることが多かったのですが、先生がいて下さったから、そんな状況でも根気強く、募集が出た時に備えて、準備を継続することが出来ました。
私には、アナウンサーになりたいという強い想いは誰にも負けない自信がありました。夢塾に通っていなくても、アナウンサーになることを諦めることは無かったと思います。でも、夢塾に通っていなかったら、アナウンサーになれていなかったと思います。佐藤先生のおかげで、アナウンサーになるという扉を開くことが出来ました。
アナウンサーになりたいけれど自分に自信がない、という人も多いと思います。私もそうでした。佐藤先生は、どんな時も味方でいてくれる先生です。アナウンサーになりたいと思っている方は、ぜひアナウンス夢塾の門を叩いてみて欲しいです。

2018年 春 関東地方の民間放送局にアナウンサーとして入社した塾生の声

私が夢塾の門を叩いたのは、アナウンサーをしている大学の先輩に紹介されたことがきっかけです。その縁があってこそ、今、私はアナウンサーとして働くことができています。
私は、どちらかというと、根性で頑張る!!というタイプではなく、マイペースで少しのろまな性格をしています。そんな気持ちじゃアナウンサーなんてなれないよ。と言われたこともあります。ですが、佐藤先生はいつも私の良い所を探してくれました。「山下さんのペースで頑張りましょう、山下さんなら絶対大丈夫です。」と言ってくださり、なんとか諦めず頑張ることが出来ました。先生はいつも生徒1人1人の長所をきちんとわかろうとしてくださいます。そして、良い所をより良く、伸ばしてくれます。なかなか試験が決まらないときは心底落ち込み、涙が出る日もありましたが、夢塾の教室に行くと、不思議と帰り道はポジティブな気持ちになっていました。また、放送局を受ける際、先生はもちろん、夢塾の卒業生や佐藤先生の教え子の先輩に本当にお世話になりました。どの先輩も、「佐藤先生からもらったご恩に比べたら返しきれない。」とおっしゃっていました。今、私もアナウンサー職につくことができ、先輩の言葉が身にしみてわかります。本当に、先生のあたたかい指導がなければ、私はアナウンサーではなく、普通の一般企業で働いていたと思います。そして、ずっと夢塾で教えていただいていた、アナウンサーになるための姿勢は、アナウンサーになってからの仕事への姿勢へ直接繋がっています。本当に佐藤先生に感謝の気持ちでいっぱいです。そして、今、アナウンサーとして働くことができ、本当に幸せです。「私みたいな人が本当にアナウンサーになれるかな?でもなりたいな、どうしたらいいだろう。」と悩んでいる方こそ、ぜひ、夢塾の門を叩いてみてください。佐藤先生はいつも味方になってくれます!!